fc2ブログ

「マーケティングってなんですか」と聞かれたら?②

 マーケティングの具体的なイメージを持っていただくために、まず次の文章を読んでみてください。

 香港に靴メーカーを経営する人物がいた。ある日彼は、南太平洋の孤島に靴の市場が存在するかどうかを知りたくなり、人材を派遣した。

報告1:「島の人間は靴を履きません。ここには市場はありません。」

報告2:「島の人間は靴を履いていません。ものすごい市場があります。」

 「つまりマーケティング的には2が正解ということでしょ?」と思うかもしれません。しかし、いずれもマーケティング的には適切な報告ではありません。報告1はオーダーテイカー(御用聞き)からの報告で、報告2はセールスパーソン(販売員)からの報告です。マーケターであれば次のような報告をしなければなりません。

マーケターからの報告:
「島の人間は靴を履きません。そのため、彼らの足は傷つき、あざもできています。私は部族長に、靴を履けば島民も足の悩みから解放されると説明しました。部族長は非常に乗り気です。彼の見積もりでは、1足10ドルなら島民の70%が購入するとのこと。おそらく初年度だけで5,000足は売れるでしょう。島までの輸送と流通経路の確立に要するコストは1足あたり6ドル程度と思われます。初年度の純益は2万ドルですので、投資額から判断して投資収益率(ROI)は20%となり、わが社の通常のROIである15%を上回ることになります。もはやいうまでもないことですが、この市場に参入すれば将来大きな利益が見込まれます。ぜひ話を進めましょう。」

 つまりマーケターには、①市場機会の念入りな調査と戦略の提案、②提案された戦略を実施した際の財務予測が求められるというわけです。

【参考】
『コトラーのマーケティング・コンセプト』フィリップ・コトラー著 東洋経済新報社
スポンサーサイト



プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR