fc2ブログ

マーケティング・マネジメント・プロセス

前回、『「マーケティングってなんですか」と聞かれたら?②』で、ある孤島の市場調査についてのマーケターの報告について取り上げました。一般的には、次のような手順でマーケティング活動を進めますが、これをマーケティング・マネジメント・プロセスと言います。

 マーケティング環境分析と市場機会の発見
 マーケティング環境を分析することで、市場の機会と脅威、自社の強みと弱みを見極め、自社にとってのマーケティング機会を発見する。

② 市場細分化(セグメンテーション)
 環境分析の結果を踏まえて、不特定多数の人々を、同じニーズを持つ固まり(セグメント)に分ける。

③ 市場ターゲティング(標的市場の選定)
 市場を構成する様々なセグメントの中から、自社が事業を展開するのに最も相応しいセグメントを選び出す。

 市場ポジショニング
 競合製品に対して、自社製品をどのように差別化するかを決定する。いわば顧客の頭の中に自社製品を特別の価値を有するものとして位置づけられるようにするための活動である。

⑤ マーケティングミックス(4P)の開発
 ターゲットとするセグメントに対して働きかけるための具体的なマーケティング施策の総称。4Pとは、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(プロモーション)の頭文字をとったもので、整合性をとりながらこれらの最良の組み合わせを考えていく。

 マーケティング施策の実行と評価
 施策を実行した後には、必ずその結果を評価し、うまくいっていない部分については原因を探り、戦略の見直しを行う。
 

このうちマーケティング・ミックス(4P)については、マーケティング政策を考える上で有名な切り口であり、ご存知の方も多いでしょう。もう少し具体的に言うと、次のようなことを検討します。

Product(製品):製品、サービス、品質、デザイン、ブランド 等
Price(価格):価格、割引、支払条件、信用取引 等
Promotion(プロモーション):広告宣伝、ダイレクトマーケティング 等
Place(流通):チャネル、輸送、流通範囲、立地、品揃え、在庫 等

スポンサーサイト



プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR