fc2ブログ

行き違いを防ぐために(逆・裏・対偶)①

 文書でも口頭でもコミュニケーションでは、行き違いがつきものです。広告の謳い文句を信じて問い合わせたら、「そんなことは言ってない」と言われてしまった経験があるかもしれません。

Q:
 中華料理屋「上海亭」について、次の(a)が分かっているとき、そこから正しく言えるものを下の①から③の中から選んでください。

 午後10時を過ぎたならば、上海亭はやっていない。

 ①上海亭がやっていないならば、午後10時を過ぎている。
 ②午後10時を過ぎていないならば、上海亭はやっている。
 ③上海亭がやっているならば、まだ午後10時過ぎではない。


A:
 まず、「午後10時を過ぎたならば、上海亭はやっていない。」と言うことは、午後10時以降以外はやっているということを意味しません。
① たとえば夕方は仕込みで休みかもしれませんから、断定できません。
② こちらも同様に断定できません。
③ こちらは正しいです。

 料理屋ですから、イメージはしやすいかもしれませんが、場合によっては、判断が難しい場合があります。論理学の基本的な内容で、「逆・裏・対偶」というものがあり、これを使えば、容易に判断できます。

条件文:AならばB
逆:BならばA
裏:「Aでない」なら「Bでない」
対偶:「Bでない」なら「Aでない」

 このうち、正しいのは「対偶」だけです。

 上の例ですと、①は逆、②は裏、③は対偶になります。

条件文:平日ならば、上海亭は開店している。
逆:上海亭が開店しているならば、平日である。×
裏:平日でないならば、上海亭は開店していない。×
対偶:上海亭が開店していないならば、平日ではない。○

【参考】
「新版 論理トレーニング」野矢茂樹著 産業図書
スポンサーサイト



プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR