fc2ブログ

企業の業績は何で決まるのか?

本ブログの「シャープが経営不振に陥ったのは?」では、シャープを例に、外部環境(為替レート)が企業に与える影響について考えてみました。
企業の業績に影響を与えるのは、大きくはマクロ的な経済環境、業界環境、そして個々の経営努力でしょう。では、一体、企業の業績は経営努力によってどの程度決まるものなのでしょうか。


■業績要因を測定した4つの調査

下図は企業の業績要因を測定した4つの調査の結果です。産業効果とは、「どの業界にいるか」で決まる業績要因であり、企業効果とは「企業それぞれがどのような特性を持ち、どのような戦略を採っているか」で決まる業績要因です。マクロ経済環境は「説明できない部分」に含まれると考えてよいと思います。

業績要因

(1)1985年の調査(MITシュマンジー)

1975年の米企業1775社のROA(総資産利益率)を基に調査したもので、企業間の利益率のバラツキの要因を説明できるのは全体の20%程度に留まり、産業効果が約20%、企業効果はわずかに0.6%にすぎませんでした。

(2)1991年の調査(カリフォルニア大学ロサンゼルス校ルメルト) 

74年から77年の6931社を対象に調査したもので、企業間の利益率のバラツキの要因を説明できるのは全体の50%強で、結果は企業効果が46%、産業効果が8%に留まりました。

(3)1997年の調査(HBSポーター/トロント大マクガバン)

85年から91年の米企業約58,000社を基に調査し、企業間の利益率のバラツキの要因を約60%説明でき、企業効果が約32%、事業間のシナジー効果(要は多角化することによる効果)が約7%、産業効果が20%となりました。

(4)2011年の調査(青学大福井/慶應大牛島)

1998年から2003年までの日本企業を対象としたもので、企業間の利益率のバラツキの要因を約70%弱説明でき、企業効果が約53%、事業間のシナジー効果が約9%(計39%)、産業効果が5%となりました。


■企業効果や産業効果は企業によって異なる

よく考えれば業界内のすべての企業が等しく企業効果や産業効果を受けるわけではないことが想像できます。同じ産業にあってもパフォーマンスが良い企業もあれば、そうでない企業もあるはずです。

この点に注目した調査として、2003年のINSEAD(欧州経営大学院)のハワウィニらのものがあります。彼らは「特に業績の優れた企業」「特に業績が悪い企業」「その他大部分の企業」に分類し、その企業の経営・戦略の善し悪しで業績が決まるのは「特に業績の優れた企業」か「特に業績が悪い企業」であり、業績が中庸な企業は「どの産業にいるか」で決まるという結果を発表しました。


調査によって結果がまちまちですが、サンブル数や統計手法の精緻化を考えると、より新しいもののほうが妥当性は高いと思われます。おおよそではありますが、「どの産業にいるのか」は業績に影響を与えるが経営努力で克服することは可能である、実は多角化の効果はそれほど大きくはないといったことがデータでも確認できます。


【参考】
『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』入山章栄著 日経BP社
スポンサーサイト



プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR