fc2ブログ

日本が財政破綻する確率は?②

■リスクプレミアムとは?

 

ファイナンス論では、「個別債券の金利=リスクフリーレート+リスクプレミアム」と教えられます。リスクフリーレートとは、最もリスクのない(安全な)債券の金利で、通常は国債の金利です。リスクプレミアムとは危険負担料と訳され、個別の債券独自のリスクを反映したものです。

 

たとえばある企業の社債の金利は、国債の金利に、その企業の財務リスク(経営破綻して社債が暴落する可能性)などのリスク要因から決まるリスクプレミアムが加算されて決まります。投資家から見れば「リスクがあるからその分リターンの上乗せが欲しい」、企業から見れば「リスクがあるからその分リターンを上乗せしないと投資家が自社の債券を買ってくれず資金調達できない」と考えてもらえればよいです。

 

 

■日本国債のリスクプレミアム

 

国債の場合、名目金利の理論値と実際値の乖離からリスクプレミアムを算定する分析が内閣府などで行われています。この場合も将来のリスクに対して投資家が要求する金利の上乗せ分であることには変わりがありません。財政問題が深刻化すれば国債のリスクプレミアムは上昇します。

 

日本国債のリスクプレミアムの推移を見ると、1990年代前半に0%から1%の間で推移していたのが、1997年くらいからマイナスに転じ、以後、一貫してマイナス領域で推移しています。リーマンショック後に0%近くまで上昇しましたが、2013年4月の量的金融緩和以降は下降に転じ、マイナス2%くらいでの推移になっています。

 

現在の日本国債のリスクプレミアムの水準を他のG7諸国と比べてみると、アメリカ・イギリス、カナダ、ドイツ、フランスと同程度です。ちなみにリスクプレミアムが20年以上マイナス圏なのは日本くらいなものです。

 

このことからも投資家は日本の財政問題をせいぜいG7の標準並みにしか捉えていないことがうかがえます。

 

 

【参考】

「アベノミクスは進化する」原田泰、片岡剛士、吉松崇編 中央経済社

スポンサーサイト



プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR