fc2ブログ

良い競争業者①

前回は、ポーターの5フォースモデルでは、近視眼的な「自社以外はすべて敵」という考え方に陥る可能性があり、実際には、「他のプレイヤーと協力関係も結べないか」「ゼロサムではなくプラスサム(ウィンウィン)にならないか」という点も考慮することが自社の利益を向上させるためのカギとなることについて触れました。

 

 

■良い競争業者が存在することのメリット

 

公正に言えば、ポーターは、5フォースモデルの提示後に、この点についても気がついたのか、「競争業者はすべて脅威というわけではなく、自社の競争的地位を高めてくれるような『良い競争業者』も存在する」と述べています。

 

ポーターによれば、(主にリーダー企業にとって)良い競争業者が存在することのメリットとしては、大きく「競争地位を高める」「業界構造の現状を改善する」「市場開発を促進する」「新規参入を阻止する」の4つがあります。

 

 

■良い競争業者は自社の競争地位を高める

 

ポーターは、良い競争業者(フォロワー企業)が存在することで、リーダー企業は自らの地位を磐石にすることができるといいます。

 

  需要変動の吸収

リーダー企業は市場で安定的な販売を確保しています。需要の変動部分についてはフォロワー企業が吸収してくれ、結果的にリーダー企業は安定操業が可能になります。

 

  差別化能力を強化する

他社製品は自社製品の優位性の引き立て役となってくれるということです。

 

  魅力のないセグメントを相手にしてくれる

リーダー企業は市場のおいしいところを握っており、フォロワー企業はもうからないセグメントを相手にするしかありません。

 

  コスト・アンブレラを提供する

高コストのフォロワー企業が、生存可能な価格をつけることを許容することで、結果的に業界全体の価格が高い水準で維持されるということです。

 

  労働組合や役所との交渉パワーが増す

他社と業界連合を組んで交渉力を増すことができるということです。

 

  独禁法違反の可能性が低下する

市場シェアを取りすぎると独禁法違反で会社を分割される可能性があります。他社のシェアを分け合うことでそのリスクを回避できます。

 

  改善意欲を高める

良いライバルの存在は、製品・サービスの改善意欲を高めます。

 

 

【参考】

『競争優位の戦略』M.E. ポーター著 ダイヤモンド社

スポンサーサイト



プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR