fc2ブログ

破綻する日銀のコミットメント②

■金融政策のコミットメント効果

 

前回、人々の予想物価上昇率があがるとその半年から1年後に実際の物価が上がるということを取り上げました。「景気は気から」とはよくいいますが、まさに「物価は気から」というわけです。

 

では、人々の物価上昇率はどうすれば上がるのでしょうか?それは金融政策です。中央銀行(日銀)が量的緩和を行ってお金の量を増やせば、今後、必ず物価は上昇するだろうという予想が形成されます。

 

さらに中央銀行が「必ず物価は上昇させる」という強い決意を示せば、それは早期に実現します。逆に中央銀行のスタンスが曖昧であると、市場はそれを見透かし、予想物価上昇率が上昇しないこともありえます。強い決意とアクションがともなえば周りへの影響が大きくなるのは理解できます。

 

これはコミットメント効果といわれます。コミットメントとは、「自分が将来にとる行動を表明し、それを確実に実行することを約束すること」です。

 

日銀は201344日の黒田体制1期目の初回会合で「量的・質的金融緩和」を導入するとともに、物価安定目標の2%(消費者物価の前年比上昇率2%)を「2年」を念頭にできるだけ早期に達成するという強い決意を示しました。そして、前副総裁の岩田規久男氏は、「2年で物価目標を達成できなかった場合、辞職をする」といった旨の発言をして、2年という時期に対する日銀側の強い意志がうかがえました。だから、2013年には予想物価上昇率も実際の物価上昇率も上昇したのです。

 

逆に黒田体制以前の日銀は、口では「デフレを脱却する」と言いながら、達成時期の明示も具体的アクションもともなわず、市場からは完全に見透かされ、デフレ状態が放置されてしまったのです。

 

 

黒田総裁は腰が引けたのか?

 

ここまでくればもうお分かりだと思いますが、今回の日銀の金融政策決定会合で物価上昇率目標の達成時期を削除したことは、目標実現に向けてのスタンスが曖昧になったことを意味するのです。実際の物価は日銀のコミットメント以外の要因でも決まるので、物価は上がるかもしれませんが、少なくともマイナスに作用することは間違えありません。

 

このことは普通に考えても理解できると思います。「いついつまでにやる」と言っていたのが、「そのうちやる」に変わったら、普通はやらないだろうと判断されます。

 

総裁就任時には物価上昇率目標の実現に向けた強い決意を示していた黒田総裁ですが、2016年の中頃からどうも消極的な姿勢が目立ちます。会見でも暗に「追加の金融緩和はしない」ということをほのめかしています。

 

その背景には、国債のタマ不足が指摘されています。量的緩和(お金の量を増やす)ためには、国債を買う必要があります(買いオペ)。民間が持つ国債の購入代金をお金を刷って払うということです。しかしながら、民間の金融機関にも一定量の国債は必要であり、これ以上の国債を買えないというわけです。

 

国債のタマ不足であれば、国債の購入対象を拡大することが考えられます。たとえば現在の買いオペの中心である10年もの国債から長期国債まで対象を広げる、米国債など外債を買うといったことです。しかしながら、こうした購入対象の拡大は前例がなく、日銀内部の抵抗感は大きいのでしょう。

 

また、政府が新たに国債を発行するという手もあります。国債を発行して財政政策を行えば景気はよくなるし、追加の金融緩和もできるので一石二鳥なわけです。しかしながら、財務省出身の黒田総裁は、財政再建派ですので、政府の新規国債の発行には反対でしょう。

 

以上から、日銀の新たな金融政策はなかなか期待できない状況です。黒田総裁は「自分はやることはやったから後は様子見だ(そのくせ消費増税せよと物価上昇にマイナスの発言をしたりしていますが)」というスタンスなのかもしれません。

 

デフレ脱却まであと一歩の現在、良い意味で市場を驚かせる追加策を期待したいところです。

スポンサーサイト



プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR