fc2ブログ

最初に発言した人がリーダーになる?

■最初の発言者がリーダーになりやすい

 

カリフォルニア大学の実験を紹介します。

 

お互いを知らない学生同士を集めて、4人ひと組のグループを10個作り、チーム内で数学の問題を解いてもらいます(その様子は録画されています)。

 

Aチームの学生

それぞれのチーム内でリーダーを決める。

Bチームの学生

録画を見るだけの、野次馬として「誰が各グループのリーダーにふさわしいか」を選んでもらう。

 

結果は、両チームともリーダーに選ばれたのは同じ人物でした。選ばれた人物の特徴は、数学の能力が高い人ではなく、共通して一番最初に発言した人でした。ちなみに、グループで出した答えの94%はリーダーが最初に提案した答えでした。

 

最初に発言した人は、発言力が高まりやすく、リーダーにもなりやすい傾向があるのです。

 

 

■能力がない人がリーダーになる罠

 

 

しかしながら、このことはよくよく注意する必要があります。なぜなら、この場合、リーダーは最初の発言者にすぎず、必ずしも能力がある人ではないからです。

 

最初の発言者がリーダーになってしまうのは、他の人々がリーダーの責任を負いたくないという傍観者を決め込むからという面があります。したがって能力がない人がリーダーになると、議論が誤った方向になっても誰も修正せず、意思決定も不適切なものとなる恐れがあります。リーダーにならずとも、客観的に判断する積極性は持ちたいものです。

 

 

【参考】

『図解 モチベーション大百科』池田貴将著 サンクチュアリ出版

スポンサーサイト



プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR