fc2ブログ

プレゼン・文章構成のフレームワーク(PREP法)

よく「起承転結」といいますが、ビジネス上のプレゼンテーションや説明のための文書においてはまったく相応しくありません。なぜなら、言いたいメッセージが最後までわからないからです。

 

人の注意は30秒が限界とも言われ、起承転結型だと関心がもたれません。前結論が原則です。

 

PREP法は主にビジネスシーンで用いられる文章構成方法であり、簡潔かつ説得力のある文章を作成する際に用いられます。

 

PPoint(結論)

RReason(理由)

EExample(事例、具体例)

PPoint(結論を繰り返す

 

ReasonExamplePointの根拠となります。そして最後にPointを繰り返すことで、メッセージを強調します。

 

事業プランのまとめ方にもPREP法は使えます。

 

PPoint(結論)「○○事業を展開する」

RReason(理由)「それを実行できる自社資源がある」「事業として成立できる需要が見込める」

EExample(事例、具体例)「CFTの観点で事業内容を具体化する」

PPoint(結論を繰り返す

スポンサーサイト



プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR