fc2ブログ

GRIT「やり抜く力」②自分のやり抜く強さは?

自分がやり抜く力があるかどうかを測るものにグリット・スケールがあります。次の10個の質問について、周りの人と比べて自分はどれくらい当てはまるか5つのうちから選びます。


グリットスケール1


自分のグリット・スコアを計算するには、10項目で自分がマルをつけた点数を合計して、10で割ります。最高スコアは5(やり抜く力が極めて強い)で、最低スコアは1(やり抜く力が極めて弱い)となります。

 

下記は、アメリカ人の成人の標本です。


グリット・スコア1

たとえばスコアが4.1ならば、標本であるアメリカ人の成人の70%よりも「やり抜く力」が強いことになります。

 

ちなみに「やり抜く力」は「情熱」と「粘り強さ」の2つの要素でできていますが、これらも個別にスコアを求めることができます。

 

「情熱」のスコアを出すには、10項目のうちの奇数の問題にだけ回答し、得点を合計して5で割ります。同様に「粘り強さ」のスコアを出すには、10項目のうちの偶数の問題にだけ回答し、得点を合計して5で割ります。「情熱」のスコアが高い人は「粘り強さ」のスコアも高くなるはずです。ただ多くの人は「粘り強さ」のスコアのほうが「情熱」のスコアよりもわずかに上回るようです。長い間、わき目もふらずに同じ目標にずっと集中するほうが大変だということです。

 

【参考】

『やり抜く力 GRIT(グリット)』アンジェラ・ダックワース著 ダイヤモンド社

 

スポンサーサイト



プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR