fc2ブログ

起業家の条件①

企業の人材は、大まかに言えば次の3つの人格から成り立ちます。

 

〇起業家

ビジョンを描き、経営戦略を定め、それにメンバーを巻き込んでいく。

〇マネージャー

戦略を実行するために計画を立て、その進捗を管理する。

〇職人

それぞれの專門性を発揮して作業を行う。実際に手を動かして何かを作り上げる。

 

1人~3人程度のスモールビジネスの経営者には、この3つの人格の全てが求められます。中小企業診断士として活動していると、多くの経営者・個人事業主の方とお会いしますが、3つの人格のうちどれが強いかは人それぞれです。ただ、個人的な印象で言うと、やはり3つめの「職人」的な性格が強い方が圧倒的に多いような気がします。自らの専門性を活かしてやりたいことをやるというタイプです。

 

3つの人格のうち、主導権を握らなければいけないのは、当然ながら「起業家」です。しかしながら、「職人」的な人格が主導権を握ってしまうことが多いとなると、問題がおきます。長期的な展望がないままに、ただ与えられた仕事をこなすだけ(仕事がなければヒマなだけ)となってしまうからです。

 

事業を成長させるためには、長期的なビジョンや戦略が必要となりますが、与えられた仕事をこなすのに精一杯で、やがてビジョンなど忘れ、戦略も考えなくなることはよく見られます(これを計画におけるグレシャムの法則といいます)。こうなると現状の繰り返しで事態は好転せず、疲労感が高まるだけといったことになりかねません。

 

 

【参考】

『はじめの一歩を踏み出そう』マイケル・E. ガーバー著 世界文化社

 

スポンサーサイト



プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR