fc2ブログ

OKR①

組織・個人の方向性とタスクを明確にする目標管理方法として、OKRが注目されています。OKRObjectives and Key Results)は、組織が掲げる達成目標(Objectives)と主要な成果(Key Results)をリンクさせます。

 

まず企業の目標から出発して、事業部の目標、そしてチームの目標へと紐付けた上で、各個人の目標にまで落とし込みます。目標と成果はしっかり共有されるものの、それに向けて何をどうするかは、各現場の創意工夫に委ねられますKPIKey Performance Indicators「重要業績評価指標」:売上など組織の達成目標に対して、目標達成度合いを評価する評価指標)などの細かい行動目標や中間指標での管理から解放され、自律性が尊重される仕組みです。

 

インテルのアンディ・グローブ氏が考案したちされ、その後、グーグルやフェイスブックなどのシリコンバレー企業に間で広がり、多くのグローバル企業も導入し始めています。

 

非連続な変化が常態化し、価値観が多様化する中で、目標達成に向けて、各現場が主体的に行動しなければなりません。企業と従業員の間で方向性を合わせ、取り組むべき事項を具体的に落とし込むOKRは、両者の間の信頼関係を構築するツールでもあります。

 

【参考・引用】

『経営改革大全』名和高司著 日本経済新聞出版

スポンサーサイト



プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR