fc2ブログ

ダニング・クルーガー効果

能力が低い人ほど自分を高く見積もり、能力が高い人ほど正しく(あるいはわずかに低く)評価する傾向があります。これを調査した2人の研究者の名前をとって、ダニング・クルーガー効果といいます。

 

なぜ、そうなるかといえば、能力が低い人はその低さのせいで、自分を客観的に見る力がないからだと言われます。能力が高い人は、メタ認知ができるので、「自分ができることくらい他人でもできだろう」と推測します。

 

自己評価の高低と、能力の高低によって、人は4つのタイプに分かれます。

 

  自己評価;高い/能力:高い⇒エキスパート

このタイプの人は自由放任にするのが望ましいです。

  自己評価:高い/能力:低い⇒意識高い系

このタイプの人は、周囲からのフィードバックにより、自分に対する適切な評価が求められます。

  自己評価:低い/能力:高い⇒ネガティブ系

このタイプの人は、自分の能力の高さに気づいてもらい、ポジティブになってもらうよう動機づけが必要です。

  自己評価:低い/能力:低い⇒ビギナー

このタイプの人には、まずは教育によって能力を高めることが優先されます。


【参考】

『ビジュアル 職場と仕事の法則図鑑』堀公俊著 日経BP

       

スポンサーサイト



プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR