fc2ブログ

苦痛は喜びの2倍大きい!?(プロスペクト理論)①

次の3つのケースを直感で考えてみてください。

<ケース1>
コインの表が出たら10万円もらえ、裏が出たら10万円支払うという賭けがあったら、あなたはのるか?

<ケース2>
次の2つのうち、どちらを選ぶか。
① 50%の確率で10万円貰え50%の確率で何も貰えない。
② 確実に5万円もらえる

<ケース3>
次の2つのうち、どちらを選ぶか。
① 50%の確率で10万円失い50%の確率で何も失わない
② 確実に5万円失う。



多くの人は、<ケース1>賭けにのらない<ケース2>②の確実性を取る<ケース3>①のリスクを取るを選択するのではないでしょうか。調査結果でもそれは裏付けられています。

※ちなみに<ケース2>の①②ともに所得の期待値(確率を考慮した上で、将来、得られるだろう所得の平均値)は5万円で変わりませんし、<ケース3>の①②でもマイナス5万円で変わりません。

この結果から分かることは、人は生来的にリスク回避的であるが、利益が生じる場合は特にその傾向が強まる、しかしながら、損失が生じている場合には、リスク志向が高まるということです。


■プロスペクト理論

上記の結果を裏付けるものとして、プロスペクト理論があります。これは不確実な選択に対して行う決断が、損得や金額によって変わり、人は損失を極端に回避することを説明するものです。その結果、利益の場合はよりリスク回避的で損失の場合はよりリスク志向になります。

心理学者のダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって唱えられ、この業績により2002年にカーネマンがノーベル経済学賞を受賞しました(トベルスキーは既に故人)。


■価値観数

プロスペクト理論では、価値関数というものを用います。価値関数とは、損得と、そこから得られる効用(心理的な価値、喜びや哀しみ)の関係を表したものです。基準点は参照点と呼ばれ、たとえば現在500万円の資産があり(参照点は500万円)、それに対して損得が生じたら、どれくらい心理的な価値が変化するかを表したものです。
価値関数
利益が生じる場合の価値関数(右上)と損失が生じる場合の価値関数(左下)は点対称の関係ではなく、損失が生じる場合の価値関数のほうが傾きが大きいことに注意してください。

<利益が出ている場合>
右上は「参照点から利益が出たらどれくらい満足度が得られるか」を表したものです。たとえば横軸の利益が100なら縦軸の満足度(喜び)が例えば10、200なら16、300なら19、400なら20といった具合です。

ここで重要なのは満足度の絶対的な水準ではなく、満足度の増え方です。満足度の増加分は、10、6、3、1といった具合に減少していきます。最初は儲かればすごく嬉しいですが、その後、同額の儲けが生じても、だんだん感覚が麻痺してきて嬉しさは増えるものの、その増加は小さくなるということです。

年収が500万円から100万円増えると満足度がかなり上がるが、年収が1500万円から100万円増えてもそれほど満足度が上がらないと考えれば合点がいくと思います。

<損失が出ている場合>
左下の部分(参照点から損失が出たらどれくらい苦痛か)です。損失が100なら苦痛(マイナスの満足度)が20、損失が200なら35、損失が300なら40、損失が400なら43といった具合です。

今度は苦痛の増加分を見ると、20、15、5、3といったように減少していきます。さらに損失が400、500と増えていっても、苦痛はあまり増えません。つまり損失が増え続けると、損失に対し感覚が麻痺してしまうということです。

利益が出る場合と同じように思えますが、注意しなくてはいけないのは参照点から100利益が出る場合は満足度が10上がりますが、100損失が出ると満足度が20も下がる(苦痛が20増える)ということです。

利益が生じる場合の価値関数より損失が生じる場合の価値関数のほうが傾きが大きいので、総じて人は利益が出ることの喜びよりも損失が出た場合の苦痛の方が大きいということを示しています


■苦痛は喜びの2倍大きい!?

「1万円支払うのと同じ確率で最低いくらもらえるなら、あなたは賭けに応じますか?」と尋ねられたら、いくらと答えるでしょうか。

実験の結果、平均で2倍の2万円(実験では200ドル)と答えるそうです。つまり多くの人が、苦痛(支払い)は喜び(報酬)の2倍でないと割に合わないと考えているようです。


【参考】
『ファスト&スロー (下)』ダニエル・カーネマン著 早川書房
『最新 行動経済学入門』真壁昭夫著 朝日新聞出版
『自分では気づかない、ココロの盲点』池谷裕二著 朝日出版社


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR