FC2ブログ

成功・失敗は何のせい?(原因帰属とモチベーション)

自分を含め人の言い訳を聞いていると、何らかのクセを感じることがあります。「この状況では仕方がない」「ついてなかった」と自分以外のせいにしがちな人と、「努力が足りなかった」「スキルが足りなかった」と自分自身のせいにしがちな人がいます。
何かで成功したり失敗したりした時に、その原因を何に求めるかを原因帰属といいますが、原因帰属のあり方とモチベーションとは深い関係があります。


■成功・失敗は何のせい?

原因帰属には、内的統制型と外的統制型があります。

内的統制型とは、原因を自分自身の内的要因に求めるということです。
たとえば「自分は頭がいいから成功した」「努力したから成功した」「経験があったから成功した」といった具合です。

外的統制型とは、原因を自分以外の外的要因に求めるということです。たとえば「よい機会に恵まれた」「運が良かった」といった具合です。

一般に外的統制型よりも内的統制型のほうが勉強でも仕事でもスポーツでも成績が良いことが実証されています。成功すれば自分の能力ややってきたことに対する自信になりますし、失敗したときもその原因を振り返り、自分の至らなかったところを強化するためのアクションを講じることができるからです。


■失敗は能力不足ではなく、努力不足のせいにする

しかしながら内的統制型であれば何でもよいかというとそうではありません。内的統制型でも失敗した時にモチベーションが下がり挫折してしまうタイプと、モチベーションが下がらず挫折しないタイプがいます。

ワイナーは、自分自身の内的要因を、安定的な要因と変動的な要因に分け、安定的な要因として能力、変動的な要因として努力を挙げました。


原因帰属

成功した時は、その原因を安定的なものに求めても変動的なものに求めてもどちらでも良いのですが、失敗した時に努力不足という変動的な要因のせいにする人はモチベーションを維持できるのに対し、能力不足という安定的な要因のせいにする人はモチベーションを維持できないとされます。

なぜなら、失敗した時に、「自分は能力がないんだ」と自分自身の安定的な部分のせいにしてしまうと、能力は簡単には変えられないため、自分には上手くいかないと思わざるをえないからです。

一方、失敗した時に、「自分の努力不足だったから」と変動的な部分のせいにすれば、次の機会では、もっと努力するということが可能であるため、何とかなるかもしれないと思えます。

実際に、失敗を能力不足のせいにする人はモチベーションや成績が低く、失敗を努力不足のせいにする人はモチベーションや成績が高いことが分かっています。


■挫折に弱い人には…

以上から、失敗を能力不足のせいにする人は、何か失敗するとすぐに挫折してしまう傾向があります。

挫折に弱い人には、原因帰属のクセを直させる必要があります。たとえば「ついてなかった」と何でもかんでも外部要因のせいにする人には、内的な要因のせいにするよう働きかける必要があるでしょう。

さらに能力など安定的な要因のせいにする人には、「もう少しで上手くいった」と努力不足を意識させるような言葉がけが求められます。つまり改善の余地があることを示すのです。


このように原因帰属のあり方を変えるような試みが効果があることは、心理学の実験によっても明らかにされています。


【参考】
『モチベーションの新法則』榎本博明著 日本経済新聞出版社


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR