fc2ブログ

ビジネスモデル④(ビジネスモデル構築のためのフォーマット)

気が付けば前回で本ブログも300回を迎えていました。お忙しい中、赤の他人の細々としたブログをお読み頂ける方がわずかでもいるとはほとんど奇跡な気がします。ありがとうございます。

今回は、ビジネスモデル構築のためのフォーマットを紹介したいと思います。


■ビジネスモデル構築のためのフォーマット

ビジネスモデル構築のためのフォーマットにはいくつかのものが提案されていますが、最も有名なのが「『ビジネスモデル・ジェネレーション』アレックス・オスターワルダー、イヴ・ピニュール著 翔泳社」で紹介されたビジネスモデル・キャンパスでしょう。
ビジネスモデルキャンパス
これは、本ブログの「ビジネスモデル②(ビジネスモデルの構成要素)」のビジネスモデルの構成要素で紹介したものです。

確かにビジネスモデルで必要な要素を網羅的に扱っており、投資家など資金調達先への説明としては適しているように思います。最終的にはすべてのマスが整合性を持ってきちんと論理的に埋まることが求められます。

しかしながら、スタート段階でとりあえずどのようなビジネスモデルがあり得るか考えてみるには、あまり気軽に使えないような気がします。


■ビジネスモデルの9セル

手っ取り早くビジネスモデルを検討する際に有益なものとして、兵庫県立大学の川上昌直教授の「ビジネスモデルの9セル」があります。

細かい説明は次回以降から始めるとして、ざっくり大枠だけ説明します。縦軸には顧客価値、利益(利益の取り方)、プロセス(顧客価価値と利益をどのようなプロセスで実現するか)を取ります。顧客価値、利益、プロセスはそれぞれ誰に(WHO)、何を(WHAT)、どのように(HOW)の観点があり、これらを横軸に取ります。
ビジネスモデルの9セル
アマゾンを例にとると、次のようになります。
アマゾンのビジネスモデルの9セル
【参考】
『ビジネスモデル・ジェネレーション』アレックス・オスターワルダー、イヴ・ピニュール著 翔泳社
『そのビジネスから「儲け」を生み出す 9つの質問』川上昌直著 日経BP社
『ビジネスモデルのグランドデザイン』川上昌直著 中央経済社

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR