FC2ブログ

ビジネスモデル⑨(顧客価値を考えるヒント4:ブルーオーシャン戦略)

前回は、顧客価値を考える際に、「不便」「不必要」「不確実」を取り除くという観点があることに触れました。

このうち、やりすぎから「不必要」を取り去る、つまり顧客にとって必要な価値の提供にしぼるということでは、ブルーオーシャン戦略の考え方を利用することができます。


■ブルーオーシャン戦略を利用する

ブルーオーシャン戦略とは、競合企業との競争によって血塗られた既存の事業領域(レッド・オーシャン)ではなく、従来存在しなかったまったく新しい市場(ブルー・オーシャン)を生み出すことで、新領域に事業を展開していく戦略のことです

新市場を創造することにより、他社と競合することなく事業を展開することが可能になります。

ブルーオーシャン戦略は、日本語版が2005年に発刊しベストセラーになりましたから、ご存知の方も多いかもしれません。ビジネスモデル関連の書籍でもよく取り上げられています。


■同業他社とは異なるメリハリをつける

ブルーオーシャン戦略の考え方の要旨は、単純に言えば、同業他社とは異なるメリハリをつけるということです。ブルーオーシャン戦略では、次の4つの観点から事業を考えます。

●業界では当たり前とされるどの要素を「取り除く」べきか?
●どの要素を業界標準以下へと「減らす」べきか?
●どの要素を業界標準より「増やす」べきか?
●業界でこれまで提供されていないどの要素を「付け加える」べきか?

4つの観点を考える際には、戦略キャンパスと呼ばれるフレームワークを使用します。横軸には業界の競争要因を縦軸にはその水準をとり、チャート化(価値曲線と呼ばれる)します。

下の図は一般理髪店とQBハウスをチャート化したものです。業界では当然とされていた各種付随サービスを削ってカットに専念し、時間短縮による高回転、低価格を実現するというビジネスモデルを採用しています。
ブルーオーシャン
このように業界が提供している機能を把握した上で、それとは異なるメリハリをつけるのです。

【参考】
『ブルー・オーシャン戦略』W・チャン・キム、レネ・モボルニュ著 ランダムハウス講談社
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR