fc2ブログ

アイゼンハワーに見る計画の科学①

「計画はいつも役に立たない。それでも計画は不可欠である」

ドワイト・D・アイゼンハワー(第2次世界大戦中の欧州連合国最高司令官、後の第34代米国大統領)

 

 

■恒例行事化する新年の誓い

 

毎年、この年末年始の時期にだけに考えること、それは「今年も自分が目標としていたことを実行できなかったな」「来年こそはやるぞ!」ではないでしょうか?残念ながら私自身も、その場、その場で偶然与えられたことを場当たり的に対処しただけで(もちろんその積み重ねも大事なのですが)、「来年は頑張るぞ!」という毎年、恒例の面持ちでいます(苦笑)。

 

このブログでも何度かご紹介していますが、何かをやりとげるためには、自分の意志に頼るのはとても危険で、それ以外にちょっとした工夫が必要になります。人間の意志なんてそんな強いものではありません。

 

私がクラスの受講生の方にオススメするのは、自分の計画を頭の中だけで想像するのではなく、1週間単位の「TO DO リスト」を書き出すことです。やることを整理するとともに、リスト化されたことを消し込みたいという欲求を利用して、計画を実現することが目的です。

  

 

■計画がないと誘惑に負ける

 

買い物には、計画的なもの(来店前に買うものが決まっている、計画購買)と非計画的なもの(ついで買いや衝動買いなど来店してから買うものを決める、非計画購買)がありますが、8割以上が非計画購買といわれています。

 

リスト化することの効果を示す実験には、ハーバード大学とヴァージニア大学によるスーパーの来店客に対する実験があります。これによれば、買い物リストを書いてから入店すると、書かなかった場合よりも、予定外の買い物をしなくなったのです。つまり買い物の計画がなく、記憶を頼りにすると、その場の誘惑に弱くなるのです。

 

このことは、買い物以外の場面でも言えると思います。仕事場でもネットなどの誘惑に晒されますが、やることリストを書くことによってそちらに集中すれば、誘惑に打ち勝つ可能性が高まります。

 

さて、今年1年も本ブログをご覧いただき有難うございました。来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。目標をリスト化して良い年にしましょう!

 

 

【参考】

『図解 モチベーション大百科』池田貴将著 サンクチュアリ出版

 

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR