fc2ブログ

独立を考えている中小企業診断士向け書籍のご案内

今回は書籍のご紹介です。

「独立する! 中小企業診断士 開業のコツ60」日沖健著 中央経済社


独立_ 


中小企業診断士という国家資格は、「中小企業向けのコンサルタントの唯一の国家資格」ということになっています。しかしながら、別に国家資格を持っていなくても中小企業のコンサルタントはできますし、実際、そちらのほうが多いでしょう。

また診断士であっても、独立している方は2~3割くらいで、さらにその独立組みもやっていることは様々でなかなか実態がわからない資格でもあります。

 

診断士本はこれまでも数多く出版されてきましたが、ありがちなのは、個人の経験や考え方に大きく依ったものが多く(例:診断士●年で○○万円稼ぐ)著者と経歴や性格・嗜好が合う人にはよいですが、そうでない人にはまったく役に立たないことが多いです。

また、その著者と同じ機会に巡り合わせることなど不可能なのだし、そもそも著者とまったく同じキャリアを歩みたいわけでもないでしょう。

 

独立診断士の年収や仕事内容などもおおよそ公開データで把握できますが、データの常として「なぜそうなのか」の説明がないので、あくまで参考程度にしかならなかったりします。

 

たとえば年収がかなり高くても、実際は本業(物販やサービス、不動産取引などの経営)で稼いでいて、診断士としての収入はたいしたことがなかったりする場合もあるし、コンサルタント経験は皆無で講師だけやっている人も中にはいます。

 

そんな中で、この本の著者の姿勢は(自分の経験はベースにしつつも)あくまで実態把握に徹し、その背景を説明してくれています。とるべきアクションについても、その根拠が示されている点がありがたいところです。その意味で類書とは一線を画していると思いますし、独立診断士予備軍の方は読んでおいたほうがよいと思います。

 

ただなかなかバラ色とはいかない現実も書かれているので、怯むようなら独立はやめたほうがいいかもしれません。しかし、自分の周りを見てもほとんどは弾みでやめている(あるいは何らかの事情で会社員ができない)形で独立を選択しており、差はあるがそれなりのベースを確保はしているようです。あとは気合と熱意で、筆者の薦めるアクションを地道に取り組み、飛躍の確率を高めるしかないのでしょう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR