fc2ブログ

自律性が健康に与える影響

モチベーション理論の1つである内発的動機づけ理論(モチベーションの要因を自分の内側に求める理論)では、「有能さの欲求」「関係性への欲求」「自律性への欲求」を重視しますが、このうち最も重要視されるのが「自律性への欲求」です。

 

ここで、ハーバード大学の実験をご紹介します。

 

実験A

被験者である老人ホームの入所者に観葉植物を配ります。

Aチームの老人:自分で植物の世話をしてもらう。

Bチームの老人:職員が植物の世話をしてもらう。

結果は、半年後にAチームは15%の人が亡くなり、Bチームは30%に人が亡くなりました。

 

実験B

学生が定期的に老人ホームを訪問します。

Aチームの老人:学生の次の訪問日と滞在時間を自分で決めてもらう。

Bチームの老人;学生が次の訪問日と滞在時間を告げる。

2ヶ月後、Aチームは健康で活動的で、薬の服用量が少なくなりました(ただし、実験終了の数ヶ月後、死亡者数が極端に増えました。これは、自己決定権を失ったからと考えられます)。

 

 

自分でコントロールできることがあると、幸せで、健康的な生活を維持できます。これは、普段の仕事の場でも意識したい点です。人から命令されて仕事をするのは、気が進まないものです。自分に回りそうだと感じたら、進んで手を挙げましょう。どうせやるにしてもかなり気分が違うはずです。

 

また、他人に何か頼むときも、命令口調ではなく、「してもらえないだろうか」と依頼口調になれば、相手としては選択権(自律性)があるように感じられ、不満なく受け入れられる可能性が高くなります。

 

 

【参考】

『図解 モチベーション大百科』池田貴将著 サンクチュアリ出版

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR