fc2ブログ

MECE(モレなくダブりなく)のしかた②

■プロセス型MECE

 

ビジネスは一連の仕事の流れ(チェーン)ですから、プロセスごとに分解すればモレはなくなります。

 

例)バリューチェーン

開発⇒資材調達⇒製造⇒マーケティング⇒販売⇒物流⇒アフターサービス

例)サプライチェーン

サプライヤー⇒完成品メーカー⇒卸⇒小売⇒ユーザー

例)生産

設計⇒調達⇒作業

例)工程

第1工程⇒第2工程⇒第3工程⇒検査

例)AIDMAモデル

Attention(認知)⇒Interest(興味)⇒Desire(欲求)⇒Memory(記憶)⇒Action(購買行動

例)AISASモデル

Attention(認知)⇒Interest(興味)⇒Search(検索)⇒Action(購買行動)⇒Shere(共有)

 

 

■構造型MECE

 

構造型は要素型と似ていますが、要素間のかかわりも考慮したものです。

 

例)SWOT(クロスSWOT)分析

強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats)を抽出後、4つの戦略的指針を提示する。

 

例)5フォースモデル

「売り手の交渉力」「買い手の交渉力」「競争企業間の敵対関係」「新規参入業者の脅威」「代替品の脅威」の5つの要因が業界全体の収益性を決める。

 

例)PPM

市場成長率と相対的市場シェアの2軸のマトリックスを描き、問題児・花形・金のなる木、負け犬に事業を分類し、各事業のミッションや事業間の資金のやりとりを検討する。

 

 

 

【参考】

『ビジュアル ロジカル・シンキング』平井孝志、渡部高士著 日本経済新聞出版社

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR