fc2ブログ

インタビューの際の注意点

一般的に言われるインタビューの際の注意点は、次のとおりです。要はインタビューをする側が持っているイメージの枠組みを超える情報を得ることが目的ですので、被験者に自由に縛りなく語らせるということです。

 

・被験者には、調査したい細かなテーマまで明かさない。

・事前に用意した質問票に沿った話にならなくても気にしない。

・特に熱を帯びて話し始めた話題があったら、それを中心に掘り下げていく。

・インタビュー中は傾聴態度を忘れず、メモを取るには最小限にとどめる。

・話が弾まない相手でも、笑顔を忘れず答えを待つ。

・内容が軌道に逸れても無理に軌道修正しない。

・誘導しない。

・沈黙を恐れない。

・曖昧な言葉を無視しない。

・圧迫感を与えない。

・非言語的な表現(身振りや態度、表情など)を無視しない。

 

【参考】

『買い物客はそのキーワードで手を伸ばす』学習院マネジメント・スクール監修 ダイヤモンド社

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR