fc2ブログ

スピーチのフォーマット③

<フォーマット3:過去、現在、未来>

時系列で話すパターン。たとえば、定年退職するボブさんの送別会でスピーチする場合。

 

(1)導入

「本日はボブさんの送別会にお招きいただきありがとうございます」などと謝意を述べる。

 

(2)本論

簡単な自己紹介の後、ボブさんとの思い出を時系列で語る。

 

  過去

私がボブさんと会ったのは今から20年前。はじめて会ったときの印象は・・・。その後、ボブさんとは△△の仕事でご一緒させてもらいました(ボブさんとのエピソードをいくつか語る)。

  現在

私たちにとってボブさんは何でも相談できる父親のような存在です(エピソードをいくつか語る)。

  未来

これからボブさんは慈善団体で活躍されるとうかがっていますが、今後ますますのご活躍をお祈りしております。

 

(3)まとめ

このケースでは特に必要なし。

 

「過去、現在、未来」は自己紹介で使うと論理的な人と思われ好印象を残すことができます。

 

  過去

○○大学を卒業後、A社で広報の仕事に携わった

  現在

数年前に転職し、今は外資系のB社の日本支社でブランドマーケティング部門を統括してる。

  未来

今後はさらに自分を成長させるために、C社で経営に参画できるような仕事をやっていきたい。

 

【参考】

『スタンフォードでいちばん人気の授業』佐藤智恵著 幻冬舎

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR