FC2ブログ

合理的な貧困(インセンティブ)

13日夜にパリ同時多発テロが発生して以来、連日、報道が続いています。フランスでテロが起きた背景として、「フランスの人口の約10%がイスラム移民出身者で、差別による貧困に苦しんでいる。そこにISILが巧みに入り込んで、テロに駆り立てている」という説明がなされることが多いようです。「2世、3世の世代になっても差別されているフランスの現状が問題の原因である」と。

さて、個人的には「テロ=差別による貧困原因説」は少し単純ではないかと思いますが(注1)、「差別が貧困につながる」ことは事実でしょう。そして、貧困から脱せない主な原因は、学業面でのハンディキャップでしょう。今回は、「差別と貧困」について、経済学的に考えて見たいと思います。

結論から言うと、「差別による貧困層から抜け出すのは容易なことではない」「貧困層の問題は、差別する側の問題であると同時に差別される側にも問題がある」ということです。研究が進んでいるアメリカの白人と黒人を例に考えてみましょう。


■被差別層に生まれると貧困のほうが合理的?

アメリカでは、採用時に人種差別があることが指摘されています。「あたかも優秀な白人・優秀でない白人・黒人に分けているかのごとくである」との指摘すらあります。

たとえば10社中、6社において、白人を何らかの形で優遇しているとします。そうなると、優秀な黒人の応募は、残りの比較的公平な4社に集中することになります。つまり、優秀な黒人は、労働市場において、超過供給気味になり、その結果、賃金は低下することになります。

せっかく学業に励んでも、あまり高い賃金が望めないのなら(期待値が低い)、学業に対する動機づけは失われることになります。むしろ怠業するほうが合理的になってしまい、その結果、貧困に留まってしまうのです。


■被差別層の問題は、被差別層が解決すべき問題でもある

もちろん、多くの黒人は、「学業に励んで立派な学歴を身に付ければ、それだけ裕福になる可能性が高まる」ことを知っています。しかしながら、スラムから抜け出すことは容易なことではありません。なぜなら、スラムから抜け出すことは、スラムの他の住人から(多くの場合、親ですらから)「裏切り行為」と捉えられかねないからです。

黒人に限らず、どんな人種であれ、自らの人種に誇りがあります。学業に励み、スラムから脱し、都会で高給の仕事をすることは、極めて「白人的な行為」であり、「(貧しい)黒人からの脱出」を意味します。「自分たちからの脱出」は自分たちのアイデンティティを傷つけるものであり、容認できないものです。

実際、成績優秀な白人の学生は友人が多いにもかかわらず、成績優秀な黒人は友人が少ないというデータ結果もあります。周囲からの支援が得られない(それどころか足を引っ張られる)のですから、無理をしてまで、学業に励むというインセンティブが失われることになります(※2)。

では、優秀な黒人の子供は、どうすればスラムから脱出できることができるのでしょうか。

1人の子供の意志だけでは極めて困難で、ソーシャル・キャピタル(社会の信頼関係、規範、ネットワークといった社会組織)の充実が求められます。たとえば、成功した黒人の近くに住むとか、親や近所の人たちが足を引っ張るようなら、学校の先生やNPO団体が子供の考え方を変え、その意志を支援するといったようなことです。

しかし、これも白人が支援するようでは、所詮、「黒人の白人化にすぎない」と捉えられかねないので、黒人が行うほうが望ましいでしょう。「黒人の問題は、黒人によって解決すべき問題」とも言えるのです。ヨーロッパのイスラム教徒の問題も同じことが言えるのではないでしょうか。


※1
9・11の実行犯は、富裕層やインテリ層出身者が多く含まれており(オサマ・ビンラディンを含む)、日本でも戦前のテロ行為や、1950~60年代に過激化した学生運動を見ても、比較的豊かな層の出身者によるものが多く、必ずしも「テロ=貧困原因説」に断定できないような気がします
※2
今回は、人種差別(スラム)について取り上げましたが、日本においても、ある種の社会階層の固定化(例えば企業における男女格差や、地域間格差)について、このようなインセンティブがある程度作用しているような気がします。

【参考】
「人は意外に合理的」ティム ハーフォード著 武田ランダムハウスジャパン

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR