fc2ブログ

ストーリーを経営に活かす⑤

■物語のコミュニケーション効果

 

物語をマーケティング・コミュニケーションに取り入れることで、消費者側に次のような効果があると考えられます。

 

・興味・関心喚起効果

「聞いてみよう」という気になる

・感情訴求効果

気持ちが揺れ動く

・文脈理解効果

話の流れでメッセージを理解できる

・潜在意識刺激効果

自分でも気づかなかったことが発見できる

・行動誘発効果

主人公と同じことをしたり、同じものを持ちたいと思う

 

 

■ブランド価値につなげる

 

「ストーリーを経営に活かす②」でも触れましたが、名ブランドには必ずといってよいほどストーリーがあります。ブランドのバリューをブランドコンテンツ(ブランドの世界観を表現した広告やショートフィルム)とブランドエピソード(ブランドに関して市場に伝達されるべき事実)に乗せて語ることで、消費者側の共感を生み、コンフィデンス(ブランドに対する信念・思い込み)を醸成したり、口コミによる伝播を可能にしたりすることができます。

 

 

【参考】

「事例でわかる物語マーケティング」山川悟著 日本能率協会マネジメントセンター

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR