FC2ブログ

ストーリーを経営に活かす⑧

■物語のパターンは6つだけ

 

さてストーリー(物語)といってもそう構えるものではありません。ネブラスカ大学のマシュー・ジョッカーズ教授らは、何千もの小説のデータを分析して物語を6つのタイプに分類しました。

 

1.   貧民から富豪型:不運から幸運へと上昇する、立身出世

2.   富豪から貧民型:幸運から不運へと下降する、悲劇

3.   イカロス型:一度は上昇するものの、その後に下降する

4.   オイディプス型:下降した後に上昇し、また下降する

5.   シンデレラ型:上昇した後に下降し、最後は上昇する

6.   穴の中の男型:一度は下降するものの、苦境を脱して上昇する

 

ビジネスで使う物語ではハッピーエンドが望ましいですから1、5、6でしょう。

 

 

■ユーザーを主人公としたストーリー展開

 

商品やサービスは顧客の抱える問題解決することが価値です。よって、顧客を主人公としたストーリーを描くと次のような展開になります。

 

越境:主人公に大きな環境変化が訪れる

危機:主人公は新たな世界で敵対者に叩きのめされどん底に落ちる。

成長:主人公はパートナー(自社の商品やサービス)に出会い危機を克服し成長する

勝利:主人公は目的を達成し報酬を得る

 

 

【参考】

「事例でわかる物語マーケティング」山川悟著 日本能率協会マネジメントセンター

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR