FC2ブログ

ストーリーを経営に活かす⑪

前回の商品のマーケティングを行なう場合の物語設定のフォーマットの例です。

 

<対象商品>

ゼリー状スポーツ飲料「しこたまゼリーZ

 

<世界観設定>

・スポーツコミックまたはスポーツ小説

・地方都市の中小企業が舞台。女性の登用とは掛け声ばかりの男性社会。

 

<登場人物設定>

●主人公設定

・池田コズエは高校を卒業し、地方の信用金庫に就職したばかりの新入社員。

・やる気まんまんだが、その意欲は空振りしがちである。

・学生時代に陸上(長距離)の選手であったが、その才能はまだ開花していない。

●敵対者設定

犬飼=総務部長兼会社の陸上部長(40代後半のオヤジ)

●協力者設定

鷹野=陸上部コーチ(30代前半でイケメン)

 

<タイトル案>

「走れ、コズエ!」

 

<物語の流れ>

●越境

六角信用金庫に就職したコズエは、犬飼総務部長の勧めで意気揚々と陸上部の門を叩く。陸上部員全員から歓迎される。

●危機

しかし蓋を開けてみると、実は女子チームとして実業団に登録されておらず、コズエはマネージャーとして起用されたに過ぎなかったことを知る。くさるコズエ。ジャンクフードのやけ食いに走り体脂肪も急激に増えてしまう。コズエは退部届けをコーチの鷹野に持っていく。

●成長

鷹野は学生時代に前途を嘱望されたが、怪我で引退。弱小実業団チームのコーチに就任していた。「くさらずにチャンスを待て」という鷹野の助言で、コズエは密かにトレーニングを再開する。コズエのトレーニングの傍らにはいつも「しこたまゼリーZ」があった。その姿を鷹野が偶然発見。コズエの才能に改めて驚愕する。間もなく実業団駅伝の日がやってこようとしていた。

●勝利

ランナーの1名が交通事故で骨折というアクシデント。7区間を7人で走らなければならないこの弱小チームにとって1名の欠落は、同時に欠場を意味していた。困惑するチームメンバー。しかし鷹野は女性であるコズエの起用を決断する。コズエは男子ばかりは走る実業団駅伝に唯一の女子ランナーとして出場する(ルール違反だがあくまでフィクション)。ラストシーン。コズエはお気に入りの「しこたまゼリーZ」を飲み、区間を颯爽と走り抜ける。

 

<ブランドインサイト>

勝負の本番で、その人の持っている潜在能力を全開させる飲料。

 

<物語の伝達方法>

レディースコミックの人気漫画家に作品を描いてもらい、雑誌でのプロダクトプレースメント・タイアップを図る。

 

【参考】

「事例でわかる物語マーケティング」山川悟著 日本能率協会マネジメントセンター

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR