FC2ブログ

デノミネーション効果

年額ではなく月額にするなど、商品の値段を小さな単位に分割することで、値打ち感を出す効果を、デノミネーション効果といいます。デノミネーション(デノミ)とは、もともと通貨の切り下げを意味する言葉です。

 

例としては、携帯電話の月額○○円があります。デアゴスティーニの週刊「バックトゥザフューチャー:デロリアン」の定期購読は、初回が499円、次回以降1790円ですが、完成させるまでに全130巻、合計23万円以上かかります。

 

他にも、雑誌の年間購読では1冊あたり、エステやジムの年間契約は1月あたり、サプリメントは一錠あたりや1日にあたり、インスタント味噌汁は1食あたりで価格を提示することによって、購買のハードルを下げています。

 

「1日コーヒー1杯分」という謳い文句は、確かにお値打ちのように思えますが、積もりに積もった額が果たして妥当なのか慎重に考える必要があります。

 

 

 

【参考】

『東大教授が教えるヤバいマーケティング』阿部誠著 KADOKAWA

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR