FC2ブログ

公共投資の意思決定―川辺川ダム中止は正しかったのか?①

少し前になりますが、7月,九州の記録的な豪雨により球磨川が氾濫し,甚大な被害が生じました。これを受け,旧民主党政権下で事業中止が決定した川辺川ダムについて,「ダムがあれば河川の氾濫を防げていたのではないか」といった議論が出ました。

財政再建という掛け声のもと,何かと公共投資は槍玉に挙がっている。これに旧民主党時代の「コンクリートから人へ」というスローガンが加わり,脱ダムに拍車がかかりました。はたして,公共投資は悪なのでしょうか?

 

■基本はコストベネフィット分析

 

投資の意思決定の基本は「投資額(コスト)を上回るだけの収益があがれば投資する」という実にシンプルなものです。公共投資では,これを「コストベネフィット分析」(B/C分析)といいます

 

コストは初期投資額やその後の費用であり,ベネフィットはそこから得られる便益です。公共投資の便益には,収入やその公共投資によって節約できた費用,抑えられた損失の額が該当します。

 

たとえば,高速道路であれば,「一般道と比べてどれくらい移動時間が短縮され,その結果,どれくらい利益が増えるのか」(≒短縮時間×時間当たり付加価値額×移動人数)で積算可能です。

 

B/Cの割合が1を上回る投資案であれば,すべて採択されるのが合理的な意思決定です。そこに財源論は存在しません。借金して資金調達してもそれを上回るリターンがあり,回収できるからです。

 

 

■より精度が高いNPV法で考える

 

より精度が高い意思決定をするには,さらに現在価値を考慮します。正味現在価値法(NPVNet Present Value)について簡単に説明します。

 

まず,現在価値とは,将来に発生する値を現時点での値に割り引いて換算したものです。たとえば,金利が年5%の場合,現時点での100万円は,貯金しておけば1年後に105万円となります。言い換えると,1年後の105万円の現在価値は100万円になります〔105万円÷(1+割引率)〕。割引率には資金の調達金利を用います。

 

正味現在価値法の基本は,次のとおりです。

正味現在価値

①各期のキャッシュインフロー(現金ベースの儲け)を求める。

②①の現在価値(現時点での価値)を求める。

③「②-投資額」で正味の現在価値を求め,値がプラスであれば投資するし,マイナスであれば投資しないという意思決定をする。

 

【参考】

・国土交通省『公共事業評価の費用便益分析に関する技術指針(共通編)』

・高橋洋一著『日本の大問題が面白いほど解ける本―シンプル・ロジカルに考える』光文社新書

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR