fc2ブログ

相関関係と因果関係②(体罰は子供を凶暴にさせる?)

Q1:
 「体罰などの厳しい躾を行う親に育てられた子供は、そうでない親に育てられた子供に比べて、性格的に攻撃的な傾向が見られる」という結果が分かったとします。ある識者は「体罰を行うと、子供は攻撃的な性格になる」と言います。
さて、この場合、体罰と子供の攻撃的性格との間には、因果関係が成立すると断定してよいでしょうか?

Q2:
 社会的貢献を理念に掲げた経営を行っている企業のほうが、そうでない企業よりも利益率が高いというデータが存在したとします。それではあなたが経営者であったら、早速、社会的貢献を理念に掲げるでしょうか?



 前回、因果関係の成立要件の1つとして、時間的順序関係(もしXがYの原因であるならば、XがYより時間的に先に起こっていなければならない)を挙げましたが、2つのケースは、それにかかわるものです。

A1:
 もともと子供が攻撃的なので(原因)体罰を行ったのであって(結果)、体罰を行ったから(原因)子供が攻撃的な性格になった(結果)わけではないのかもしれません。

A2:
 もともと利益率が高いから(原因)社会的貢献を行えたのであって(結果)、社会的貢献を行ったので(原因)利益率が高い(結果)わけではないのかもしれません。


【参考】
『クリティカルシンキング 入門篇』E.B.ゼックミスタ、J.E.ジョンソン著 北大路書房
『なぜビジネス書は間違うのか』フィル・ローゼンツワイグ著 日経BP社
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR