fc2ブログ

リトルウッドの法則

リトルウッドの法則とは、奇跡は1ヶ月に1回程度は起きるありふれた現象であること示したものです。

 

ここで言う奇跡とは、100万回に1度しか起きない例外的な事象を意味します。事象が起きる頻度を1秒に1度とし、1日8時間活動するものとすれば、約35日間で100万回に達することになります。つまり、奇跡は1ヶ月に1回程度は起きるありふれた現象であること示したものです。

 

私たちは、確率で捉えることがどうも苦手です。有名な例では、911の後、多くの人が飛行機の利用を取りやめて、車での移動にシフトした結果、交通事故で亡くなった人が急増したというのがあります。もともと航空機事故に遭う確率は数百万分の1でそれにテロが多少加わっても確率的には大した変化はありません。一方、一生のうちで車の事故に遭う確率は4分の1程度あるわけですから、より危険な行為をとるようになったということになります。

 

ちなみに世間一般では、会社員人生で、課長どまりだとイマイチで部長にまでなれば出世というようなイメージがあるように思えますが、部長になれる確率は100分の1程度しかありません。

 

コロナ禍をめぐる報道でも確率的には大した話ではないことを針小棒大に煽るような傾向があります。たとえばワクチンの副作用などがそうです。確率を踏まえた冷静な行動が必要です。

 

 

【参考】

『ビジュアル 職場と仕事の法則図鑑』堀公俊著 日経BP

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三枝 元

Author:三枝 元
1971年生まれ。東京都在住。読書好きな中年中小企業診断士・講師。資格受験指導校の中小企業診断士講座にて12年間教材作成(企業経営理論・経済学・組織事例問題など)に従事。現在はフリー。
著書:「最速2時間でわかるビジネス・フレームワーク~手っ取り早くできる人になれる」ぱる出版 2020年2月6日発売
「中小企業診断士のための経済学入門」※絶賛在庫中!
連絡先:rsb39362(at)nifty.com
※ (at) は @ に置き換えて下さい
(お急ぎの場合は携帯電話までご連絡ください)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR